05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

ふであと

  : 

徒然なるままに、もの書き。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

第三章 「新月の民」_03 

 砂丘で野営ともなれば、食事は簡素なものだ。それでも丸一日歩き続けた身体には染みるようにおいしく感じる。空っぽになった胃へ食事を流し込む作業に没頭しながら、カペルはしみじみとそう思った。
「また行きたくないとか言い出すかと思ったら、今回は素直についてくるのね」
 カペルの隣に座ったアーヤが言った。彼女には炎の明かりがよく似合う。焚き火を照り返す頬が赤く染まり、少女の面影がいつもより艶を帯びたように感じる。それで思わず目をそらすと、アーヤの向こう側に、バルバガンと一緒になってくつろぐルカとロカの姿が見えた。ふと、なんとなく二人を取られた気分になって、カペルは身勝手な寂しさを少しだけ感じた。
「新月の民の村、っていうのに興味があってね。珍しいでしょ?」
「そうなの?」
「新月の民の大半は、住む土地を持たない放浪の民なんだ。持たないというか持てないんだけど……。街には彼らの居場所は無いからね。だから多くは街を点々として行商みたいなことをやってるんだよ」
「それは知ってるわ。フェイエールにも行商は来るもの。でも……あの人達、帰る場所が無かったんだ」
「そう、僕と同じ、根無し草ってやつ」
「カペル、やけに詳しいわね」
「……僕は旅芸人だからね。アーヤよりはいろいろ世界を見てきてるつもりだよ」
「ふーん、カペルのくせに生意気ね」
「……これまた理不尽な物言いで」
 ただ、最近はモンスターが増えたせいで旅をするのも難しくなってきているだろう。そうなれば街に留まるしかないわけだが、街には彼らの居場所はない。力の弱い者、縁起の悪い者、理由は何でもいいのだろう、侮蔑の目があるからだ。それに同情する人が憐れみの声をかけてくる。それさえも彼らを苦しめることになる。
「カペル、ついてこい」
 シグムントが言った。カペルはそれに従って、皆とは少し離れた場所でシグムントと二人になった。
「どうしたんです?」
「……お前はフルート吹きだと言っていたな」
「そうですけど」
「貸してみろ」
「えっ、これですか?」
 予想していなかった言葉に戸惑ったが、カペルは言われるままにフルートを渡した。
「これは」
「青龍を助けた時に貰ったんです。ずっと使っていたものは封印軍に取られたままで……」
「そうか」
 フルートを受け取って何をするのだろうとカペルが訝しげに思っていると、シグムントはおもむろにそれを吹き始めた。
 どこか懐かしくも感じる、どこか寂しくも感じる、聞いたことがあるようで無いような不思議な曲。驚いたのも一瞬、カペルは少しの間、シグムントの笛に耳を傾けていた。
 本当に不思議な感覚だった。すべてを任せてしまってもいいような、大きな包容力を感じる旋律。それが曲のせいなのか、それとも奏者のせいなのか、カペルにはよくわからなかった。
「……返すぞ」
「シグムントさん、フルート吹けるんですね。意外だな」
「昔取った杵柄だ」
「……しかも僕より上手いかも」
「カペル」
「は、はい」
「この先、お前はどうするつもりだ」
「どうするつもりって、明日はショプロン村に行くんですよね」
「その後のことだ。私たちはこれからも戦い続ける。おまえはどうする」 
 戦力になるほどに自分は強くない。何よりも戦うことに慣れていないし、慣れたいとも思わない。月の鎖が斬れるかもしれないというのも、シグムントがいれば大して意味のないことだ。それでもついて来いと言っているのか。それともただ飯ぐらいの厄介払いでもしようというのか……。
「いきなりそんなこと聞かれても困りますよ。しばらくはお世話になるつもりですけど」
「そうか」
「あの、一緒に行ってもいいんですか?」
「認めたのは私だ。かまわん」
「よかった。今ダメって言われたらアーヤに怒られるところでしたよ」
「そうなったら私も一緒に怒られよう」
「……冗談、ですよね?」
「……」
「……」
「カペル、明日は私の側で戦ってもらう」
「はい」
「お前に鎖を斬らせるつもりだ」
「役には立たないと思いますよ」
「……かまわんさ」
 シグムントが夜空を見上げた。それにならってカペルも見上げる。
 わずかに欠けた月が巨大な鎖を大地に降ろしている。あれを僕が斬る。出来る自信はなかったが、やるだけやってみればいいと思える余裕が、今のカペルにはあった。

【小説インフィニットアンディスカバリー】
【Prev】/【Next】

スポンサーサイト

テーマ: 二次創作:小説

ジャンル: 小説・文学

第三章 「新月の民」_02 

 日暮れを過ぎてからもなかなかオアシスには到着しなかった。ようやくたどり着いた頃頃には、昼間の暑気が嘘のように、少し肌寒ささえ覚えるようになっていた。オラデア砂丘の気候とはそういうものらしい。
「さーむーいー」
「ほらそこ、ぐだぐだ言わない!」
「昼間はあんなに暑かったのにさ。夜になったらこれだもん。汗も冷えちゃったし、ご飯もまだだし――」
「はいはい、わかったから薪を集めに行くわよ」
「アーヤ、よろしく」
「あんたも来るのよ!」
 そう言って、アーヤはカペルを引きずるようにして行ってしまった。
 シグムントがその様子を見ていると、隣にいたユージンが話しかけてきた。
「あの二人、ずいぶん仲良いみたいじゃないか」
「ああ」
「アーヤくんが僕らと一緒に来るって言ってきた時は、なんていうか、張り詰めていて危うげな感じだったけど、カペル君と会ってからは生き生きとしているように見えるよ。そう思わないか、シグムント?」
「そうだな」
「彼は不思議な子だね……なあ、シグムント。カペルくんのこと、どうする気だい?」
「どういう意味だ」
「彼は鎖を斬れるっていう話だろ。もし本当なら、しばらくは彼に任せて少し休んだらどうだい。身体の調子、悪いんだろう?」
「……」
 ユージンとは物心ついた頃からの付き合いだった。人付き合いの苦手なシグムントには、友人と呼べる人間は数えるほどしかいないが、彼はその中の一人だ。だからこそ、隠していてもばれてしまうこともある。
「カペルの意志次第だ。嫌だと言えばやらせようもない」
「それはそうだけど」
「まだ戦える。自分の身体のことは自分が一番よく知っているさ」
「あまり無茶はするなよ、とは言えないか。女皇様も心配していらっしゃるだろうから、僕にだけはきちんと話すんだよ」
「ああ」
 シグムントはハルギータ女皇国の女皇、スバルの顔を思い浮かべた。シグムントはハルギータ女皇国の出身で、孤児だった。それを育ててくれたのは女皇スバル自身だ。国民すべてを我が子のように慈しむ女皇の心は、今、月の鎖に苦しむ人たちを思う心となっている。だからシグムントは戦いに出た。スバルの心労を少しでも軽くするために。
 その最初の戦いで、自分が月の鎖を断つことができるということがわかった。それからは連戦だった。疲労が抜ける前に次の戦いへ。傷が癒える前に次の戦いへ。月の鎖の所在がわかる度に、シグムントはその地に赴いた。鎖を断てるのは自分だけだからだ。自らが望んでの事だったが、心とは違い身体は正直だった。
 プレヴェン城の戦いのあと、シグムントは血を吐いた。誰にも見せなかった。
 気がつけば、身体はどうしようもないほどに蝕まれていた。月印の力は届かない。それを知っているのは治癒術師であるミルシェだけだ。そのミルシェには口止めをしてある。自分の死期というものに、何となく思いを巡らすことが多くなった。そんな時に現れたのがカペルだった。
「お館様」
「エンマか」
 影の中からエンマが現れた。エンマとその配下には、オラデア砂丘周辺の調査を命じてある。その報告に来たようだ。
「南に新たな月の鎖が打ち込まれたようです。避難してきた者の話によれば、南にある小さな村の近くだと。正確な場所は部下が今、調査しております」
 月の鎖。その言葉に、シグムントの身体の奥で傷が小さく疼いた。
「封印軍は?」
「それほど規模は大きくないようですが、少なくとも二体のトロルは目撃されています」
「シグムント、どうする?」
 ユージンが問う。答えは決まっていた。
「翌朝、その村へ向かう」
「……そうだね。だけど、まずはアーヤ君に話を聞こう。この辺りの地理には詳しいだろう。何か知っているかもしれない」
「ああ」

 しばらくすると、アーヤとカペルが薪を集めて帰ってきた。砂丘と言ってもオアシスの近くには潅木も散在している。一晩分の薪程度なら何とかなる。
「ほら、ぶつぶつ言わずに歩く歩く。雑用をやらない新入りなんていないんだから」
「僕、雑用係なの?」
 行った時と変わらない調子で帰ってきた二人に、ユージンが声をかけた。
「アーヤ君、ちょっといいかな?」
「あ、はい」
 二人は薪を手近に置くと、シグムントたちのところにやってきた。
「どうしたんですか?」
「ここから南にある村のこと、何か知ってるかい?」
「南……ショプロン村のことでしょうか?」
「どういう村なんだい?」
「ショプロン村は……、その、新月の民が作った小さな集落です。フェイエールの統治下というわけではないので、あまり詳しい事はわかりませんが。何かあったんですか?」
「ああ。そのショプロン村に、どうやら月の鎖が打ち込まれたらしい」
「ショプロンに!? あそこには封印軍と戦える人なんていないはずです!」
「新月の民の集落なら、そうだろうね。そういうわけだから予定を変更することになるよ」
「はい。でも封印軍はどうしてそんなところに……」
 ここで考えても仕方のないことだとシグムントは思った。鎖があるのなら、まずはそれを斬ることだ。
「翌朝、ショプロン村へ向かう。アーヤ、案内を頼む」
「はい」
「ユージン。おまえはフェイエールに向かい、遅れる旨を伝えた上で事前協議を始めておいてくれ」
「わかった」
「ソレンスタム卿には、ユージンに同行していただく。エンマたちを護衛につける」
「その方が謁見も円滑に進むでしょう。お引き受けします」
「残りの者はショプロンへ向かう」

【小説インフィニットアンディスカバリー】
【Prev】/【Next】

テーマ: 二次創作:小説

ジャンル: 小説・文学

iPhoneの文字入力がすごい 

 触ってみるまで知らなかったんですが、iPhoneには「フリック入力」という入力方式がありまして、これが非情に便利なんです。

 通常のテンキー配置であかさたなと並んでいるんですが、例えば<あ>にタッチをすると上下左右にそれぞれ<い><う><え><お>と左から時計回りに割り振られていて、そのまま指を滑らせるだけで入力が出来るのです。ソフトウェアキーボードならではの仕様ですが、これの入力速度は<お>と入力するのに<あ>を五回押していた頃に比べて断然速く、ボタンが小さくなるキーボード入力よりも当然誤爆は少なくなる、といった寸法で、iPhoneでメモを書くのならこの入力方法が一番いいかもなぁ。

その速さ、動画で見るとわかりやすいです。


まぁここまで速く入力するには練習が必要ですけどね。

ちなみに、僕は右利きですが、携帯電話での入力と大人の瞑想タイムでは何故か左利きになったりします。
あら不思議。

テーマ: 雑記

ジャンル: 日記

Apple  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

iPhone3GSを買いまして。 

iPhone3GS黒32Gを買いまして、この二日間、ひたすらいじっておりました。パケット定額も出来ない古い機種からの移行ということもあって、いじるのが楽しくて仕方ない状態です。最初くらいはテンション高めに弄んでもいいよね?

簡単にSSが取れるのでちょっと撮影。
iPhone20090627

まずはアプリをばしばしぶち込んでいるところで、どんなものがあるのか、どれが使いやすいのか、といった情報も触りながら集めている最中。『Lock'n'Roll』というパズルゲームにはまって、その作業が止まっているのは秘密です。

一応、当初の目的でもあった、「小説のネタ帳」という役割を担わせるためのメモ帳アプリもチョイス。
写真(2)
『FliqNotes』というアプリなんですが、カテゴリと日付による振り分けの他に全文検索機能もついていて、起動も速いのでひとまずはこれを使っていこうかと思います。


久々の機種変更ということもあって非情に楽しいです。楽しんですが、本体いじったり、アドレス帳の移行やらメールアドレスの変更やらをやったり、Foobar2000からiTunesに音楽ファイルを移して諸々の調整などなどとしていたら週末が終わってしまいました……。
Apple  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

第三章 「新月の民」_01 

 照りつける太陽は世界で最も大地に近く、視界を埋めるのは黄金色の砂と赤茶けた岩石ばかり。遠くには猛烈に吹き上げる竜巻の姿も見える。そんな過酷な土地にさえ生活圏を広げられるのは、フェイエールの国民の逞しさ、と言うよりも、月印の恩恵によるところが大きかった。
 カペルたち解放軍一行が、ブルガスとフェイエールを繋ぐ陸路、オラデア砂丘に入ったのは、ブルガスを発ってから一週間ほどが経過した頃だった。
「あーつーいー」
「ほらそこ、だらだらしない!」
「ブルガスはあんなに過ごしやすかったのにさ。フェイエールは暑すぎるよ……。っていうか、アーヤはなんでそんなに元気なのさ」
「言わなかったっけ? 私、フェイエール出身なの」
「ああ、それで」
「そう……もう、あんたがそんな顔してたらこっちまで暑くなってくるじゃない!」
「僕じゃなくて太陽に怒ってよ……」
 今歩いているのは、ブルガスとフェイエールを繋ぐ街道で――と言っても整備されているわけではなく、ところどころに道標が立っているだけだが――散在するオアシスを基点として東西南北に広がる交通網の中でも、比較的穏やかな気候ではあるらしい。砂丘の中でも辺境部になると、岩石さえも風化して延々と砂だけの世界が広がっているという話だ。想像しただけで背筋が凍る思いだが、生理的には熱い汗が噴き出すばかりだ。
「ああもう、うるさい! 暑いんだから、静かに歩け!」
 黙々と前を歩いていたエドアルドもまた、この暑さにはまいっている様子で、カペルたちのやり取りに業を煮やしたのか、立ち止まるといきなり怒鳴り散らし始めた。
「エドアルドの方がうるさいじゃないか」
「ぐっ……カペル、お前……」
「がーっはっはっはー。なんだお前ら、だらしねえぞ」
「だらしねーぞ」
 大汗をかきながらもむしろ元気になって見えるバルバガンが言うと、すっかり仲良くなったルカとロカが真似てみせる。
「ほんとよ、まったく。参ってるのなんてあんた達だけじゃない」
 そう言われて顔を上げたカペルとエドアルドが皆を見回すと、アーヤの言うとおり、暑さにやられているのは二人だけだった。苦笑を浮かべているユージンに、微笑を湛えるソレンスタム。日傘を差しているミルシェが微笑みかけるが、カペルには答える元気が無かった。
「ソレンスタムさん、そんな厚着で暑くないんですか?」
 全身をすっぽりと覆ったローブは見るからに暑そうで、その格好で涼しい顔をしていられるソレンスタムがカペルには信じられなかった。
「蒼竜王に無理を言って同行を許してもらったのです。最初から根をあげるわけにはいきませんからね」
 それで暑くなくなるのなら自分も蒼竜王に無理を言っておくべきだった、と埒もない思いを抱いたカペルだったが、そのとき、ソレンスタムの手から何か光るものが落ちるのを視界の端に捉えた。
「滴? ……あっ!」
 よく見れば、ソレンスタムは氷の塊を握っていた。こんな場所で氷が取れるわけがない。だとしたら……、そうだ、魔法だ。だから魔術師連中は涼しい顔をしているのだ。
「ずるいですよ! 僕にもわけてくださいよー」
「よろしいですか?」
「ダメ」
「ちょっと、なんでアーヤに聞くんですか!?」
「ダメよ、暑さなんて慣れればどうってことなくなるんだから。もうすぐオアシスだから我慢しなさい」
「そんなぁ……」
「……」
 何か言いかけたエドアルドはアーヤの言葉にぐっとそれを飲み込んで、トボトボと歩き出した。カペルも仕方なく歩き出す。二人は肩を並べて、同じようにうなだれながら進み始めた。
「シグムントさん、暑くないんですか?」
 先頭を行くシグムントに追いつくと、カペルはそれとなく尋ねてみた。
「……暑い」
 汗一つかいていない。カペルは嘘だと思った。

【小説インフィニットアンディスカバリー】
【Prev】/【Next】

テーマ: 二次創作:小説

ジャンル: 小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。