10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

ふであと

  : 

徒然なるままに、もの書き。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

シュタゲが面白いと思った人にオススメしてみる本。 

 専門的なことを小難しい専門用語の羅列で説明する連中は馬鹿だ、と大学でお世話になった教授が仰っていました。シュタインズ・ゲートは小難しい専門用語をど素人にもわかるように平易にして説明してくれてますよね。少なくとも、わかったような気にはさせてくれますw


 それで、シュタインズ・ゲートで「時間って何ぞや?」なんてテーマに興味を持った人にオススメ出来る本ってないかなぁと、僕の脳内にある貧弱なインデックスを検索してみたところ、こんな本を思い出しました。


哲学の謎 (講談社現代新書)
 時間は時速一時間で流れているのか?
 シュタゲで語られてるのは、科学的なタイムマシンの理論とタイムトラベルがなされた後の世界認識という哲学的な考察の二つで、この本は後者について考えるときに参考になると思われます。
 対話篇という形式で書かれているので読みやすいですよ。


無限論の教室 (講談社現代新書)
 同じ著者のこちらもおすすめ。
 風変わりな教授と学生二人の対話形式で描かれる無限論。時間を考える上で無限論は切っても切れない間柄だと思うのですよ。
 読み物としても面白いから困っちゃうのです。
 きっとまゆしぃでも読めると思われ。



 シュタインズ・ゲートの二周目、トゥルーエンドへ向けてまったりと進行中です。取りこぼしていたイベントなんかもちょこちょこありますね。フェイリス杯のところ、一周目では全く読んでなかったです。

 ノベルゲーって実績を全部解除したら売り払うのが普通だったんですが、シュタゲは手元に置いておきたい気分。不思議。
スポンサーサイト

テーマ: Xbox360

ジャンル: ゲーム

Steins;Gate  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://amaenovel.blog78.fc2.com/tb.php/140-972ecdb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。