05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

ふであと

  : 

徒然なるままに、もの書き。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

第二部 プロローグ 

 雨が降る。
 空を覆う雲はなく、その雨は、蒼天に沈んだ青白い月より降っていた。
 雪が大地を白く染め、冬の空気が世界を色褪せて見せている中で、その雨は何よりも美しい。
 舞い落ちる雫は、雪にも似ていて、音もなく、重さもなく、ただ、金色の光を放ちながら、しんしんと大地に降りてくる。
「兄ちゃん、すごいよ! 金色の雨だ!」
 小さな胸を上下させ、弾ける笑みを白い息で隠しながらヴィーカが言う。
 笑って答えてやると、ヴィーカはまだ幼さの残る目を輝かせ、弾かれるように雨の中へと飛び出していった。
 雨の中をくるくると舞いながら、全身で金色の雨を受け止めようと、ヴィーカは両手を広げて月を仰ぐ。
 男もまた、蒼白の空を見上げた。
 以前よりも近くに見える縛鎖の月。
 そこから降り注ぐ金色の雨。
 それはまるで――

「月の雨だ……」


【小説インフィニットアンディスカバリー】
【Next】
スポンサーサイト

テーマ: 二次創作:小説

ジャンル: 小説・文学

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://amaenovel.blog78.fc2.com/tb.php/186-7ca8698a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。