03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

ふであと

  : 

徒然なるままに、もの書き。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

第八章「手を取り合って」_13 

『ボルデクス』
 ほぼ同時に詠唱を終えたソレンスタムとヘルド双方から雷撃の帯が伸び、その中間でぶつかったそれは、激しい火花をまき散らしながら爆ぜて消えた。相殺された光の帯の向こうには、喜色を浮かべる弟子の顔。力を誇示するために、こちらの魔法を真似てみせたつもりなのだろう。魔術師としての成長には目を見張るものがあるが、当然、いまのソレンスタムにそれを喜ぶことは出来なかった。
「ヘルド、あなたは強くなった。ですが、そのような姿になってまで力を得て、いったいそれが何になると言うのです」
「ハイネイルとなったあなたはもうお忘れでしょう。より高きを望み、より強きを求めるは、人間の本能。我々はそういう姿で生まれてくるのです。私は私の心に正直なだけですよ」
「際限なき欲望に身を任せることが、あなたが望んでいたことなのですか!?」
「ファウズデクス!」
 ヘルドの叫びに応じて月印が光り、その眼前に紅蓮の火柱が立ち上がる。それは地面を融解させながらひた走り、ソレンスタムを飲み込もうとした。
「ペシファノーガ」
 ソレンスタムは、その炎の軌道にある地面を瞬時に凍らせ、動きが鈍ったところに爆発的な水柱を屹立させる。焼けただれた大地の上、相殺された炎と水が霧状になってたゆたう空間を、今度はヘルド自身が突っ切ってくる。
 鎖鎌の刃が喉を捉える直前にソレンスタムはそれを受けたが、力では明らかにヘルドに分があった。押し切られそうになるのをかろうじて堪え、ソレンスタムは間近に迫った弟子の顔を正視する。
 ここに来てまだこの者を助けたいと思うのは、おごりだろうか。助ける方法も知らず、手を抜く余裕さえも無い不甲斐ない師に、弟子を助けることなど出来ようはずが無い。
「私だけではない。そこのリバスネイルも、ケルンテンに置いてきた新月の民どもも、要するに力を求める心が合ったからこそ今の姿になったのだ。リバスネイルは人のあるべき姿。己が心に正直なその姿に、いっそ美しささえ感じるというものですよ」
 そこまで言い、ヘルドは不敵に笑みを浮かべて後ろに飛んだ。
「ルトジック」
 直後、ソレンスタムの目の前の空間が歪み、全てを吸い込む深紫のエネルギー体が出現する。咄嗟に距離を取ったソレンスタムだったが、ぐんと大きくなったそのエネルギー体の引力に徐々に引き寄せられていく。
「あの大剣を振るう剣士はどうです? 欲望に身を任せて暴れるあなたの仲間とやら。あれもまた同様でしょう。孤独に狂い、結局は己の中の力にすがるしかなかった。私はきっかけを与えたに過ぎない」
 孤独に狂う。
 それはヘルドもまた同様ではなかったか。彼を弟子にして、私は彼に何を教えた。技を教え、道を説いた。それだけか? 技は力を与え、理を授ける。道は過去を示し、未来を指し示す。だが、ヘルドの今を見ていなかったのではなかったか。
 目の前のヘルドの姿が、全て自分の責だと思うのもおごりだろう。だがそれでも、今のヘルドを直視するのが、師であった自分の務め……。
「人は変わる。変わりうる」
「うん?」
「テルトン!」
 両の手で持った杖の左右から赤と青の光球が発せられると、群れたそれらが弧を描きながらルトジックの作る歪みへと殺到する。ぶつかり合った光球たちが爆ぜ、互いを相乗したエネルギー体が深紫のエネルギー体を相殺し、大気を震わす波動となって姿を消す。それを確認すると、ソレンスタムはヘルドを正面に捉えて告げた。
「来なさい、ヘルド。そして教えてあげましょう。人は変われるということを。私の仲間たちのためにも、あなたは私が止めてみせます」
「仲間。ずいぶんと似合わない言葉を吐くようになりましたな、師匠。人は変わらない。人の醜さなど、有史以来いくらでも例があるでしょうに。それに、これからも嫌と言うほど目の当たりにすることになる。闇公子が帰ってくれば、すぐにでも大きな戦が始まるのです。それで否応なく気づかされる」
「レオニードが!?」
「……おや、星読みソレンスタムともあろうお方がご存じなかったのですか? ふふふ、これは面白い」
 レオニードはやはり生きていた。カペルたちの話を総合すれば、レオニードが開いたという空間の歪みにもおおよその察しはついていたが、やはりそれは当たっていたようだ。
 セラフィックゲート。
 神の下へと向かうために課せられるという、神話の獣が巣くう試練の道。
 たった一人でその門を開いたというレオニードの力に戦慄を覚えながらも、同時に、それはシグムントが生存している可能性にも繋がることを理解する。しかし、その可能性を皆に伝えるべきなのだろうか。徐々に一つになりつつある解放軍だったが、それがシグムントの死という現実を前提にしていることをソレンスタムは知っている。確証のない希望は、それを妨げることにならないだろうか。
 ソレンスタムの思惟をよそに、ヘルドはふいに視線をカペルに移した。
「光の英雄の代理、ですか。本物と違い、ずいぶんと情けない動きをする。闇公子とどう戦うつもりかは知りませんが、その前に、あれでいつまでも世界を騙し通せますかな?」
 答えを待たず、ヘルドは鎖鎌を構えてソレンスタムを挑発する。子供じみた安い挑発に、やはり仕置きが必要なのだと理解したソレンスタムは、杖を持つ手に力を込めて詠唱を開始する。ヘルドの詠唱が折り重なり、二つの声音が戦いの匂いを漂わせ始めた空気を攪拌した。そして、その詠唱は同時に終わる。
『ファルトリオ』
 赤熱する火球がぶつかり合い、閃光の花を無数に咲かせるのを見つめ、ソレンスタムはすぐに次の詠唱を始めた。
 迷うよりもまず、やるべきことがある。

【小説インフィニットアンディスカバリー】
【Prev】/【Next】
スポンサーサイト

テーマ: 二次創作:小説

ジャンル: 小説・文学

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://amaenovel.blog78.fc2.com/tb.php/238-d32ea0f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。