FC2ブログ
09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

ふであと

  : 

徒然なるままに、もの書き。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Re:10.04.01 エイプリルフールにまじめに語っちゃう男の人って……。 

amazonの配送料無料キャンペーン、延長したんすねー。しかも終了日未定w お世話になります。
posted at 03:03:51

Amazonの全品配送料無料キャンペーンが延長 http://bit.ly/bIngB3 @feedly プライムにお金を払う理由がお急ぎ便だけになってしまうわけだが、Amazon的にはOKなのかな? いやしかし、全品送料無料はすさまじい破壊力です。
posted at 12:03:42


 無料期間中は普段amazonで買わなかったコミックなんかも買ったりしていたんですが、気軽に変えるこの感覚が多少怖くもなったりしますね。僕の立場で依存するのはどうかとも思うのですがw
 今回の延長は終了日未定ということで、このまま常態になっていくのでしょうか。だとしたらamazonは強すぎる気がします……。そういえば、出荷の様子をコンピュータとカメラで監視するシステムの特許を取ったなんてニュースもあったような気がしますが、それもなんだかちょっと怖いですね。まるで近未来を舞台にした映画のような。



@Jamzy Googleで得た”知識”を踏まえた上での”知恵”なら、とも思いますが、コピペしたような情報を語られても困りものですな。自分の言葉で語れぬうちは、ねぇ。自分をGoogle検索以下の人間とは思われたくないので、僕は自分の言葉で語りたい。
posted at 03:30:20

外部に記憶を持つのはいい。だが、記憶が人格そのものになってしまうのは如何なものか。情報を情報として糧とし、己を磨くための道具とするべし。外部に得た情報が自己を形成するのではなく、得た情報を処理する意志こそが自己なり。酔っているが故に堅い文体なり。
posted at 03:33:07

脳みその中に生じた意見とやらに疑いを持て。それは己が内に芽生えたものか。それとも他者のそれを写したものか。
posted at 03:34:43

既出の言葉であるかどうかは問題ではなく、その自分の言葉がどこから生まれたものなのかが大事なの。結果的に二番煎じでもいいじゃない。それが自分の言葉なら。うふっ。
posted at 03:37:19

ただね、まあ、そういう生き方しかできない人というのもいるのです。それを理解した上で、じゃあ彼ないし彼女に自分は何が出来るのか、と考えてみるのも自分のためになるのですよ。
posted at 03:40:38

そんな僕を自己中というならそれもいい。というか、自分でそう思っているし。他者は自己を削り出すために存在するのですよ
posted at 03:41:11

人間、そうやって己を確立していけばいいのです。
posted at 03:41:41

愚かな行為をするのは生きていれば仕方ないこと。その行為を省みることができるか否か、が大事なの。と、最近は思うようにしています。愚かな行為しまくりで困ったちゃんなのですがね……。
posted at 03:43:37

@Jamzy 自分が思っているほど自分は賢くないし、自分が期待しているほど他者も賢くないです。それを前提として、じゃあ自分はどう考えるか、と考えてみると夜が明けるので気をつけてくださいねw(酔っぱらいの戯れ言ですの
posted at 03:50:28


 僕が酔っぱらっている時に、ファミ通さんとこのジャム爺が人生に迷ったようなつぶやきをしていたので、酔った勢いでつっこんでみました。その様子です。小難しいことを言っているようでそうでもない……。理路整然と語りたかったみたいですが、読み返してみるとそうでもないですよねぇ。
 デカルトのあれみたく、自己以外の存在が疑わしいのなら、それはつまり自己以外のすべてが自己そのものということにもなるでしょう。なるでしょう? 他者が自己を削り出す道具、というのは本音だと思われます。ただ、世界がそんなに寂しいところだとは思いたくないので、同時に自分は他人にとっての自己を削り出す道具でもある、と考えてみることにします。
 結局、小説を書くという行為も、自己を削り出す作業であると同時に、他者にとっての道具たらんとしているのかもしれませんね。

 そんな風に考えるようにしてみれば、怒りとか憎しみとか、自分の内に芽生える負の感情とどう向き合っていけばいいのかってのも、なんとなくわかってくるようなこないような。負の感情が芽生えるのは、人間ですから当たり前。それとどう向き合っていくか、ってのが大事なんじゃないかななんて言ってみたり。
 小説インフィニットアンディスカバリーでの心象表現なんかにゃ、なんとなくそういうものがにじみ出ていたような気もしますね。
 


自動車教習所が無料化……だと……? http://bit.ly/9Mtthk
posted at 11:57:40

Re:10.03.31 解放軍、飲み会にて散るの巻 http://bit.ly/bkYpRp
posted at 13:24:58

スポンサーサイト

テーマ: 物書きのひとりごと

ジャンル: 小説・文学

■Re:つぶやき  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://amaenovel.blog78.fc2.com/tb.php/271-deb98c4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。