10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

ふであと

  : 

徒然なるままに、もの書き。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

Re:10.04.21 I can fly! 

寝落ちしてた……。生活リズムがますますデストロイ! 変な体勢でねちゃったせいか節々もしっかりデストロイ!
posted at 02:45:04

夜明けまで読書しちゃうぜ、と見せかけて寝落ち再誘発を目論むなう。
posted at 03:21:56

これ、時間軸がずれていることに何かしらの意味があるのかな。なんとなく見えてきたような気もするが、さてさて。
posted at 03:49:53

夜が明けていた。窓を背にして読んだいたから全然気づかなかった。いまは300ページくらい。三分の二くらいは読み終わったかな。もう少し読んだら寝よう。
posted at 05:20:27

自分の中に映った他人を書く人と、他人に映した自分を書く人がいるんじゃないか、とふと思った。でも、それは同じもので、見方、表現の仕方が違うだけなのかも、と言葉にしながらふと思った。そんな午前六時すぎ。まだ読書なう。
posted at 06:14:29

結局最後まで読んでしまったでござる。『ラッシュライフ』面白かった。寝る。
posted at 07:32:17

昨日はひさびさにがっつり読書した。五時間くらいか。次は何を読もうかと積み本を物色していたら伊坂幸太郎さんの『チルドレン』があったのでこれにすることに。……いつ買った?
posted at 13:47:23

 自分で書くようになってからだと思いますが、全体の構造がどうなっているかを意識しながら、どういう順番で組み立てていけばこういう構造のお話が書けるのか、というのも同時に考えている自分がいます。『ラッシュライフ』は構成の妙で読ませる部分があるので、こういう小説的構成のトリックを使った話を書こうとまず決めたとして、自分ならどこからどうやって作るか、と考えるわけです。
 プロットのシャドーボクシング、とでも言いましょうか。これはこれでなかなか楽しいのです。


注文から三時間で出荷するその速度を新作にも適用してください Amazonさん。
posted at 20:17:56

そしてすでに着荷しているという速さ。


やっぱり空を行くお話にするお。ナウシカとラピュタとエウレカとラストエグザイルにFFを足して割ってわやくちゃにして忘れたあとの残滓みたいなお話に!
posted at 20:52:53

 空を飛ぶ、ということに憧れない少年はいないわけで、ご多分に漏れず僕もそう。かめはめ波の練習をしたことのない男子はいないと思いますが、僕はどちらかというと舞空術が使えるようになった後のイメトレをしている男の子でしたw
 というわけで、主役級のキャラクターイメージと世界観における"力"の設定、それに書きたいシーンのいくつかがあっただけのこのプロットに、「空を飛ぶイメージ」という縛りを入れることで方向性が決まり、全体の構成はおおよそ出来たかと思います。冒頭シーンの案は少し修正しないといけないですが。
 アイデアの海から河口に入り、川を遡上するように物語の構造は収束していきます。たゆたう時間は終わり、流れに身を任せる時が始まる。この過程が苦しくもあり、やみつきになるほど楽しくもあるわけです。
スポンサーサイト

テーマ: 物書きのひとりごと

ジャンル: 小説・文学

■Re:つぶやき  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://amaenovel.blog78.fc2.com/tb.php/286-cd7df80c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。