05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

ふであと

  : 

徒然なるままに、もの書き。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

第三章 「新月の民」_14 

 落とし穴が最後に待っているのは、解放軍に巻き込まれてからの旅の常だ。ショプロン村の門が遠くに見えたというときに、平穏な顔を見せていたオラデア砂丘の様相が変わる。
 火を吐くクマ、ナルヴァル=セラベヒールが、馬鹿でかい鳥、ガルーダと戦っているのが遠くに見え、それを避けようと岩壁に沿って迂回していた矢先だった。ちょうど道の折れた先にいたサボテンの化け物に気づかず、村人が襲われた。それはすぐに撃退し、その村人は幸いにもかすり傷だけで済んだのだが、騒ぎを聞きつけた先ほどのクマ、鳥、それにどこに潜んでいたのか、周りにいた毒蛇の群れなどなど、およそ砂丘に生息するモンスターが勢揃いと言った風情でカペルたちを襲ってきたのだ。
「みんな、走って!」
 わらわらと集まってくるモンスターの群れに、全部を倒すには数が多すぎると判断したカペルとアーヤは、村人たちを急がせつつ最後尾でそれを食い止めていた。ルカとロカは村人たちの護衛だ。
「数が多すぎるよ!」
 カペルが剣を一閃して、毒蛇、スワンプ・サーペントの首を飛ばす。
「文句言ってないで、手、動かしなさい!」
 砂を泳ぐ肉食の魚、インプ・フィッシュが飛び出してきたのをアーヤの矢が射落とした。
「何事もなく終わりそうだったのに……いてっ!」
 サボテンの化け物、アミーゴ・カクタスが飛ばした針が一つ二つと腕に突き刺さる。致命傷になるようなものでもなければ毒もないが、ちくちくと刺さる度に動きを制限されてしまう。
「カペル、下がるわよ! あっちにもモンスターが来てるわ」
「う、うん」
 クマの爪を交わし、脇を駆け抜けながら一撃を入れて離脱。アーヤとともに、カペルはそのまま村人たちに追いつこうと走り出した。
 そうしてモンスターの群れに背中を向けた瞬間、カペルの真後ろで地面が爆発する。爆風に巻き込まれ、カペルは派手に吹っ飛んだ。
「ぎゃあ! ちょっと、やめてよー」
 爆発は、先ほどのクマがはき出した火球によるものだった。手負いのクマは走って追ってこようとはしないが、もう一度火球を作り出そうとしている。
 すぐにアーヤが矢を放つ。一つ、二つと突き立ったそれがクマの生命をかき消し、火球を吐くことなく、巨体は焼けた砂の上に崩れ落ちた。
「大丈夫? さあ、立って」
 差し出された手を取ってカペルが立ち上がろうとしたとき、村人たちの様子がアーヤの姿越しに見えた。誰も気づいていないのか、空から先ほどのガルーダが急降下してきている。ぶつかるかに見えた瞬間、そのガルーダは地表すれすれで停止し、同時に村人の中から何かを鷲づかみにして飛び去ろうとした。
「アーヤ、レイムが!」
「えっ!?」
 ガルーダが村人達の中から掴みだしたのは、ファイーナの弟のレイムだった。アーヤはガルーダの姿を確認すると、すぐに矢を引き絞った。放たれた矢が月印の赤い光を尾に引きながらガルーダに直進する。それをかわそうと旋回した勢いで、ガルーダがレイムを手放した。放り出されたレイムは村人から離れたところに転がり落ちる。身体を丸めていたせいか、砂地の起伏にひっかかるまで勢いよく転がっていた。
 連れ去られなかったことにほっとしたのも束の間、レイムを受け止めた砂地が突然隆起を始めた。砂がぱらぱらと流れ落ち、そこから現れたのは……。
「また蛇!?」
 砂に埋もれるようにしていた大蛇、スワンプ・サーペントは、レイムが与えた突然の衝撃に攻撃を受けたのだと思ったのだろうか。えらの張った菱形の頭を威嚇をするようにもたげ、喉を鳴らす。その音に呼応して、二匹、三匹と仲間が集まり始めた。立ち上がれば人間の大人よりも大きな蛇が、レイムを囲い始めた。
「アーヤ!」
「村人の方は任せなさい!」
「お願い!!」
 そう言うや否や、カペルは全力で砂を蹴った。

【小説インフィニットアンディスカバリー】
【Prev】/【Next】
スポンサーサイト

テーマ: 二次創作:小説

ジャンル: 小説・文学

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://amaenovel.blog78.fc2.com/tb.php/54-c50b294b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。