05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

ふであと

  : 

徒然なるままに、もの書き。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

第四章 「光の英雄」_01 

 オラデア砂丘の西端に首都を置くフェイエール首長国。砂丘に点在していた各部族の寄り合いから始まったこの国も、今では首長の世襲制へと移行し、首長国とは名ばかりの王制が敷かれている。砂と岩ばかりの過酷な環境下での生活には、それなりの指導力を持った者へ権力を集中させる必要があったのかもしれない。今の王制はその名残と言ってもいい。
 とは言っても、政治体制を変えただけで国民の生活が成り立つはずもない。言うまでもなく、現在の体制が敷かれる以前からフェイエールの民を支えていたものがある。他国との交易だ。
 食糧事情の厳しいフェイエールにも鉱物という特産品があった。特に、首都の外れより広がる山岳地帯は良質の鉱物が取れることで知られ、今も複数の鉱山が国を挙げて運営されている。その鉱物と食料を交易し、国民の胃袋を支えるわけだが、その為には、交易路であるオラデア砂丘の治安維持が必須だった。広大な砂丘を国軍のみで支えることは難しく、その為、フェイエールでは傭兵を雇うことが常態となっていた。
 ドミニカは、そんな傭兵の一人という話だ。
 当然、ドミニカはオラデア砂丘の地理に詳しく、自分の庭と言ってはばからない。そんな彼女が、ルカとロカを砂丘の出口まで送り届けてくれるというのだから、断る理由もカペルには見つからなかった。
「じゃあ、よろしくお願いします」
「任せておきな」
 白い歯を見せてそう言うと、ドミニカはカペルに顔を寄せて耳打ちした。
「坊や、二人きりだからってアーヤに変なことするんじゃないよ」
「し、しませんよ! 人聞き悪いなぁ」
 カペルはびくりと後ずさると、大きな声を出してしまった。隣でアーヤがきょとんとしている。
「どうだかねぇ……」
「あは、あははは……」
 あの夜のことをドミニカに見られたのか見られていないのか。それを彼女に問うわけにもいかず、カペルは乾いた笑いを漏らすだけだ。よくわからないといった顔をしているアーヤを見れば、この話題を続けるわけにもいかないと、カペルはルカとロカに話をふった。
「ルカ、ロカ、気をつけてね」
「カペル、約束だからね!」
「やくそくなんだから!」
「はは……。わかってるよ」
 二人がフェイエールへと戻ってくるまで、ヴェスプレームの塔攻略へは向かわない。攻略戦が始まりそうになったら、カペルがそれを引き伸ばす。二人との約束だ。だが、二人のことを考えて、カペルは反故にするつもりでいる。怒るだろうが、それで済むならその方がいい。
「じゃあ行こうか、おちびさんたち」
 母に会えるということで元気を取り戻した二人と、走り回る二人をたしなめながら歩くドミニカを、カペルとアーヤはしばらくの間、見送った。
 日差しは徐々に強くなってきている。
「じゃあ、僕らも行こうか」
「はぁ……。フェイエールに帰ると思うと憂鬱」
 アーヤが珍しくうなだれている。
「どうして?」
「……着いたらわかるわよ」
「ふーん」
 なにか過去にやらかしていたりするのだろうか。わからないが、着いたらわかるということなら、今、詮索する必要もない。どちらかというと、周辺のモンスターを撃退したとはいえ、ショプロン村が再び襲われたりしないかの方がカペルは気になっていた。
「ファイーナさんたち、大丈夫かな? もうモンスターに襲われなきゃいいんだけど」
「……だ、大丈夫じゃない? 村にはそれなりの備えもあるみたいだし。もうカペルが気にする必要もないんじゃないかな」
「そうかなぁ。でも、一段落したら顔を出しに行かないとね。だってファイーナさんに何でもしてもらわ――」
「いい加減にしなさい!」

【小説インフィニットアンディスカバリー】
【Prev】/【Next】
スポンサーサイト

テーマ: 二次創作:小説

ジャンル: 小説・文学

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://amaenovel.blog78.fc2.com/tb.php/65-bd8b0d83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。