05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

ふであと

  : 

徒然なるままに、もの書き。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

第四章 「光の英雄」_20 

 シグムントの治療の間、やることのないカペルはぼんやりとあたりを見回した。そこが落下しているときに見つけたテラスだとはすぐに判別できたが、それと塔の外壁、青い空以外には何も見つからなかった。はるか上に塔の頭頂部も見え、治療が終わればそこに向かうのだろうかと確認したときに、一つの疑問が頭をもたげてくる。
 あるべきはずの出入り口が見あたらない。
「ここから中に入れるんですかね……」
「おまえが寝ている間に一通り見て回ったが、出入り口らしきものは無かったな」
「ええっと、つまり、どこにも行けないってことですか?」
「そうなる」
 あっさりと言うシグムントとは対照的に、カペルは乾いた笑いを浮かべるしかなかった。「エンマがじきに見つけてやってくる。それまではここで待機だ」と言われても、出入り口のないこの場所からどうやって出るというのか。能面の壁を見上げ、それをロープでつり上げられる様を想像してカペルはぞっとした。
 そわそわし出すと、今まで気にならなかった沈黙が気まずいものに感じられ、行き場を失った視線が泳ぎ出す。何か、何か会話を……。
「あ、あの、砂漠で聞かせてもらった曲、教えてもらえませんか?」
 泳いだ目が懐のフルートを見つけ、カペルはすがるようにフルートを取り出した。
 治療を終え、こちらを見ていたシグムントの顔にわずかに驚きが浮かんだが、それもすぐに消え、「いいだろう」と答えた彼にカペルはフルートを渡す。
 あの後も、一人で何度か反芻した曲。不思議と耳に馴染んだフレーズはだいたい把握していたが、仕上げにもう一度、シグムントが吹くのを聞きたかった。
 自分で吹いたときよりも、不思議とシグムントが吹いた方が暖かい印象になる。どこか包まれているような感覚は、自分で吹いてみたときには無かった感覚だった。それは曲の持つ魅力なのか、シグムントの力量なのか。以前にはわからなかったそれが、今ならわかる気がする。旋律や技術ではなく、たぶん、シグムントが吹いているからそう感じるのだ。
 返されたフルートをいじりながら、その確信をもう一度見つめ直す。やれそうだと感じたカペルは、「いきますよ」と告げてフルートを口元にあてがった。
 塔を吹き上げる風に混じって、音色がいつもより温かく空気を揺らすような気がした。
 その直後だった。
 甲高い金属音のようなものが、まるでフルートに共鳴するように遠くに鳴ったのが聞こえ、カペルは思わず演奏を止めた。
「シグムントさん、今のって……」
「カペル、続けろ」
「えっ?」
「吹きながらついてこい」
「は、はい」
 演奏を再開すると、また共鳴音が鼓膜を震わせ、シグムントがそちらに向かって歩き出す。近づくにつれ共鳴音は大きくなり、シグムントが立ち止まった場所で、それは強烈な不協和音に変化した。
 すると、顔をしかめたカペルの目の前で、外壁が蜃気楼のように揺れ、すぐに不協和音と一緒になって立ち消えた。
 壁に穴があいた。
 いや、というよりは、そこに元々あった出入り口が姿を現したといった印象だ。
「月印による結界、か」
「結界?」
「我々を閉じ込めるために作り出した幻覚のようなものだ。それが消え、出入り口が現れた」
「この曲が、結界を消したってことですか?」
 俄かには信じられない話だが、目の前の結界が消えたのは事実で、演奏を始めた途端に反応があったのも確かだ。破魔の力を持った曲? でも、それならシグムントさんの演奏のときには何も無かったのは何故だろう。
「曲だけじゃない。そのフルートと、おまえだ、カペル」
「僕?」
「ああ、お前の演奏だから、月印の力が解けた」
 そう言われても実感などなく、青龍のレリーフをあしらったフルートに視線を落としながら、きっと青龍様の力なのだろうと一人で納得したカペルは「そういうものなのかな」と曖昧に呟いた。
 いずれにせよ、出入り口は見つかった。束の間の休息は終わり、戦いが再開される。壁にぽっかりと浮かび上がった穴が、カペルの不安を見透かすように暗く揺れ、フルートをしまった手を無意識に剣の柄に伸ばさせた。
 そのカペルの様子を見ていたのか、シグムントがカペルの肩を掴んだ。
 そうだ、この人が守ってくれるのなら……。
 騒ぐ心が凪ぎ、身体の力が抜ける。
 それを察したようにシグムントが手を離すと、「いい演奏だった」と告げながら身につけていたペンダントを外し、それをカペルに差し出した。
「あの、これ……」
「お守りだ。持っていてくれ」
 まだシグムントの温もりを残したそれには、見たことのない紋章が刻まれている。それでも大切なものなのだろうことくらいはわかり、身につけるのは悪いような気がしたカペルは、そっとそれをポケットにしまった。
 戦いが始まる。それ以上でもそれ以下でもなく、ほどけた感情の澱をポケットに確かめたカペルは、すでに歩き出していたシグムントの背中を追いかけた。

【小説インフィニットアンディスカバリー】
【Prev】/【Next】
スポンサーサイト

テーマ: 二次創作:小説

ジャンル: 小説・文学

コメントの投稿

Secret

△top

この記事に対するコメント

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://amaenovel.blog78.fc2.com/tb.php/88-b34092bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。